ためになる!?信用取引のメリットとデメリット

信用取引は諸刃の剣!?活用法と注意点について

信用取引とは株式投資において証券会社への一定の信頼関係を元にお金や株式を借りて取引する手法であり、現物株の取引とは異なる売買となります。信用取引用口座を開設するには各証券会社が定める投資経験を積む必要があり、信用取引自体についての知識が審査されます。
信用取引を利用できるようになると、手持ちの資金の3倍までの資金を証券会社から借りることができますので、その分大きな単位で株式トレードができるようになり、様々な銘柄を売買できるチャンスが広がるというメリットがあります。しかし、その分リスクも3倍になりますので、資金管理や銘柄選び、売買のタイミングなどに慎重さが求められるため、ある程度の投資経験が必要となるのです。

信用取引をうまく活用して投資の幅を広げよう

信用取引では預け入れている資金の3倍までレバレッジをかけてトレードすることができるというメリット以外に、信用売りという独自のトレードができるという点も特徴的です。信用売りとは証券会社から株式を借りてきて転売することにより、一旦その株価によるお金を受け取るという行為になります。もしも、それ以降で株価が下がればその時の株価で市場から株式を買い戻し、かかった費用の差額が利益となる仕組みになっています。
こうした信用売りというトレードでは、高くなりすぎた銘柄を上値で売り、下がったところで買い戻せば利益を狙えるチャンスが増えることになり、株式相場が冷え切るような下落相場でも利益を得られるチャンスが広がるのです。