知りたい!?信用取引とは

昨今注目を集めてきている信用取引とは?

近年、国内外様々な要因から金融市場が不安定になってきており、盛んに警鐘が鳴らされてきています。しかし一方で、こうした情勢に対応して大きな利益を得ることができると、信用取引が大きな注目を集めています。では、株取引初心者などはあまり聞きなれない信用取引とは、一体どのような取引なのでしょうか?
非常に簡単に言ってしまえば、信用取引とは投資家の信用情報に基づいて証券会社が資金や株そのものを貸し出し、それを運用して行われる株取引のことです。この場合の投資家の信用情報とは、一定の株取引の経験と、信用取引の原資となる委託証拠金の規模のことを指します。証券会社との間で貸借関係が生じるため、金利や返済期限といった独特の仕組みが存在しますが、利益を出すに当たっては現物取引との間に大きな違いはありません。

信用取引を行うメリットとは何なの?

では、何故わざわざ証券会社から資金や株を借りてまで株取引を行うのでしょうか?それは、信用取引特有のメリットがあるからです。
まず、委託証拠金は株を購入する資金そのものではなく、信用取引による損失で生じる証券会社の資金や株の毀損分を補うためのものです。つまり、信用取引の損失分のみを委託証拠金で支払うという発想で、委託証拠金以上の規模の取引が行えるということになるため、信用取引では現物取引と同じ額の資金でも、より大きい規模の取引が行えるということになります。
また、信用取引では証券会社から株を借りることで、「手元に株がある」という状態から取引をスタートすることができます。これがいわゆる「空売り」ですが、これは株価が下がることで利益が出るため、信用取引では買い・売り双方で利益を出すことができます。即ち、信用取引には利殖のチャンスが増えるというメリットがあるのです。